最近は至って静かなセイカツ舎です。

セイカツ舎に入舎したときは蜘蛛の子みたいに小さかった菫ちゃん。

2022年1月29日に逝ってしまいました。
半年前程から認知症のような症状も出始め、元々強かった食に対する執着心が更に強くなり、鍋に前脚を突っ込みコンニャク丸ごと咥えて逃走、準備中の食材を引っ叩いて強奪するのは日常茶飯事。ニンゲンズ飯時には皿を抱えて隠しながら食す毎日でした。

でも、それも、すみちゃんが生きていた証し。

混沌がないセイカツ舎は至って静かで、そして寂しいものです。