ヤマシタ(ネコ)セイカツ舎

7匹のネコズとのユルい日常

Posts in the category

寒い寒いと思っていたら

120131a.jpg

日和:「雷おじちゃん、何でしか?でし」
雷蔵:「ん、ちょっと寒いから、、、くっ付くと温まるしな」

近頃あまり仲が良くなかったのですが、寒いのを理由に日和の側へと歩み寄った雷蔵。

120131b.jpg

なんだ!その熱いチューって。

【今日の独りズモウ】
寒い寒いと思っていたら断続的に降雪が。
で、その翌日の今日、残業終わって社屋から出たら「マジ猛吹雪ですけど!?」って、もう断続的ではなくて継続的にドカ雪が降り続いていますセイカツ舎近辺。明朝の積雪は50センチ超えか。明日の朝は婆を5時半前には起こして朝飯食わせて、管理人は会社に無事到着してからパン食おうと計画中。

近頃の男組は

120129a.jpg

ここ数ヶ月、雷蔵と日和がお互い無関心な素振りで面白くない。

福助も、雷蔵が仔猫時代は絶えず寄り添っていたのに、ある時期を過ぎたら全く干渉しなくなってしまい寂しく感じたものですが、日和の場合も同じく、なんだか男組はバラバラに過ごすばかりで、それがセイカツ舎男組の規律なんでしょか。

この写真の態勢中、ずっとお互い目も合わせず毛繕いの兆候も無しだし。

120129b.jpg

下で爪弾きにされてるジャイアンは、まーKYだから相手にされないのも尤もだけど。

セイカツ舎恒例の食べ放題ですが

120128a.jpg

セイカツ舎恒例、カリカリ補充時限定食べ放題タイム。
カリポリの音を聞きつけて昼寝中だったオヤヂ達も飛び起きての緊急参加。

120128b.jpg

カリカリ、ポリポリ。

120128c.jpg

丸呑み出来なくてノロノロ食いの雷蔵、今日も彼だけ時間延長ですかね。

寒い夜には、やはり

120124.jpg

管理人が布団へ向かうと、そそくさと潜り込む可愛いオヤヂ湯たんぽ福助。

脇腹モミモミが難だけど。

福助:「早く寝ろ、湯たんぽ替わりの母よ」
ああ、そういうことかぃ。

プチなシアワセですが

120120.jpg

日和:「お座布団には小さすぎる。でし」

ネットで見かけた韓国製フェイスマスクを買うか見送るか、迷っていた管理人ですが。
先日、素通りしようとしたプチプラコスメショップの店頭にズラズラーっと「そのマスク達」があるわあるわ並んでいるわ7枚で500円、1枚71.428円也、大喜びでお買い上げ。

70円で買える、管理人のシアワセ。

試し買いした3社のメーカーのうち、既に使用中の「ダーマル」は新製品を試したくて1枚チョイス。残り2社はどちらも気になっていたけれど初挑戦、これで試してから心おきなく「大量に買うかキッパリ見送るか」決定しようかと。
それぞれ日替わりで1種類ずつ使ってみましたが、『美人天下』のシートは他より厚みがあって、翌朝も程好くしっとり好感触。

兄弟のはずですから

120108.jpg

テンちゃん一家のレイリーは、「ひょうたん体型」に育ち
マゴマゴ日和は、「りんご体型」に育っていますが。

きっと3年後には、どちらも「ツチノコ体型」になっていると思いますよ、みよさん。

立っているものは親でも使え

120104.jpg

高い所へ登りたかったのは分かるよ、マゴマゴ日和。
この位置に管理人婆ぁばが居て、オマエの脳みそフル稼働で叩き出した結果なんだろうが。

でも管理人婆ぁば寝てただろ。
顔面を踏み台にしたって、どんだけの高さ益しになるんだよ。(#゚Д゚)

まだ拾ってませんからね

120102a.jpg

昔は仔猫が苦手だったけれど、マゴマゴ日和を拾ってからは仔猫の可愛さに開眼した管理人。

120102b.jpg

今はレイリーと名付けられた、この子が性格良すぎて更に仔猫の虜。

120102c.jpg

きっと今なら、こんな「全身黒タイツ」な悪趣味柄の仔猫でもメロメロかも。

【今日の独りズモウ】
きっと白いの黒いの兄弟と思われる黒猫と全身タイツで小柄な青年期の子を玄関先でよく見掛けるのですが。人の姿を見ると同時に脱兎の如く逃走、捕獲どころのレベルではなく。この寒さを何処で耐えてるんだろうと思うと、うーん。

明けましておめでとうございます

120101a.jpg

これは、「チラっと開けまして」。
そして、これは、「ガッツリ開けまして」。

120101b.jpg

新春初売りの福袋のドサドサ感にドキドキなニンゲンズと、その袋のガサガサ感にワクワクなネコズ、セイカツ舎恒例元旦の午後ですが。

改めまして、明けましておめでとうございます。
えー、こんな感じで相変わらず生活感満載のセイカツ舎でございますが、本年も昨年と変わらぬご愛顧をどうぞ宜しくお願い致します。

【今日の独りズモウ】
毎年長蛇の列が出来る店舗の福袋の中身を一度見てみたいと思い、今年はヌケ作妹と大型SC初売り開店と同時に入店したのですが。
怖い。
みんな走るんざます。マジ、ダッシュざます。
お目当ての福袋整理券の長蛇の列にノロノロ並んでみたものの、何だか虚しくなって「やっぱヤメタ」と列を離れたところ、「何のために早く来たの!並んでっ!」とヌケ作妹から叱咤を浴びせられ再度並び直し。ウルウル。
でも、並んでも買いたい人の気持ちが分かりました。中身全部、メインブランドのタグ付きで、安心感もあって良いのかも。
ヌケ作妹は管理人列並び中に他店の福袋をリサーチ。セレクトショップの福袋を購入していましたが、こちらも使える中身にご満足の模様。
本年は、2人ともアタリの年なのか。
それとも、努力を惜しむなって神の啓示か。