本腰入れるを通り越して、もう窮地

茶々:「鳥、楽しい」
ヤマシタ:「そだね、和んじゃって眠くなるね。ゴジラ観ていいかな?」

3月15日〆のPowerPoint資料をやらなきゃいけないのに、全く進んでいないヤマシタです、どーもー。

きっと性格上、ギリ間際とか瀬戸際とか、背水の陣とか、そんな状況に置かれないと脳が活性化しないんだと思うのよ。だから数日間は茶々と「シン・ゴジラ」観て、毎夜資料に追われる悪夢を見続けて、こうモチベーションを上げていこうかと。

いわゆる現実逃避。

茶々:「なに、あれ」

茶々:「パワポ、って怖いね」
いや、それはゴジラ。

「本腰入れるを通り越して、もう窮地」への3件のフィードバック

  1. ゴジラのこの写っている最初のは可愛かったですねー私、このゴジラ飼ってもいいって思いました。
    脱皮(?)した後のゴジラは凛々しかったですねー結構、好きです。ゴジラ

    1. 同じくゴジラ結構好き。そうそう、第1形態っていうの?もう間が抜けてる感が可愛くてね。何回も観て笑ってる。でも、飼って家の中で「ブシャ―」っとエラから排出されるのは御免こうむりたいかも。

コメントを残す