ヤマシタ(ネコ)セイカツ舎

7匹のネコズとのユルい日常

Posts in the Today category

3月4日は小雪の日

150304a

今日は、12年前の小雪舞う日に小雪がセイカツ舎にやって来た日。

半日有給もらって早引けして、小雪が舞ってる強風の中バイクで帰って。最寄り駅で待ち合わせてた里親探しのKさんから小雪を貰い受けたんだけど、歩いて帰ってくる途中キャリーバッグの中で鳴いて鳴いて、信号待ちの間に何人もの人から覗き込まれて「まぁ可愛いっ」っていっぱいいっぱい言ってもらったんだったよね小雪。

小さかったなぁ。可愛かったなぁ。

150304b

Kさん、近畿地方から鈍行列車で数時間かけて連れてきてくれて。

今でも、あの日の午後からの一部始終覚えてます。ありがとうございましたKさん。小雪にと頂いたモンプチ仔猫用飯に付いてたカリカリ専用スコップ、12年経った今でもセイカツ舎では毎日活躍中なんですよ。

150304c

もうすぐ小雪が空に戻って行っちゃってから1年なんだなぁ。

長いようで短い一年でした

141231a

お久しぶりです。マメな更新復活が出来ないまま年末になってしまい申し訳ありません。

141231b

長いようで、あっという間に年の瀬を迎えたような、そんな感じのセイカツ舎ですが、皆様の今年はどんな年でしたでしょうか?良い事も悲しい事もあった年であったかもしれませんが、皆様の来る年が良い年でありますように。

141231c

セイカツ舎にとっての今年は「激動の年」以外の何ものでもありませんでした。

3月に小雪を失い、11月には碧も旅立ってしまって、ニンゲンズにとっては彼女らの死と時間を共有しながらも仕事と生活に追われていることが罪悪感になってどんどん募っていく毎日だったような気がします。

141231d

10月には突然スタッフが増え、「虎太郎」と命名されたこの仔猫は毎日ネコズスタッフとニンゲンズスタッフを癒してくれています。ほとんど動かなくなっていた碧も一時的に起きてくるようになって、元のセイカツ舎に戻ってきているようでした。

小雪が逝き、碧が虫の息にも近くなっているときに仔猫という問題を持ち込むことに少し悩んだこともありましたが、今思えば、彼女達に「さあ、寂しくならないように拾っておいで」と後押しされていたような。

悲しい激動もありましたが、喜びや楽しさを得る激動もあった年であったと思います。

141231e

皆様の来る年が、悲しい出来事がもしあっても、それ以上の喜びで飛躍のある年でありますように。

昨日、明け方に碧が逝きました。

長患いだったので覚悟は出来ていたのだけれど、嫌な予感がして、前の晩はときどき起きて様子を看ていて。ああ、大丈夫そうだと身支度をしている間にスっと消えるように息を引き取っていました。

碧を妹のように可愛がっていたヌケ作は無言のまま、泣くのを我慢したまま。

ネコズスタッフの中では女ボスで君臨してたけど、ヌケ作妹の前では甘えん坊の可愛い妹だったね、碧。

セイカツ舎、夜の一コマ。その61

140925

身体全体から「遊ぶでしっ」オーラがでております。

【今夜の独りズモウ】エアコンの室外機にキイロスズメバチが巣を作ってましてね。や、「作りやがって、こんのぉ」ってのがベストな台詞ってかんじなんすけど。知ってしまった以上は放置するわけにもいかず。駆除業者に頼むとお幾らくらいするんだっけ?自分でやっつけてみて被害受けちまって病院搬送だとお幾らかしら?とか金勘定しつつ手には「ゴキジェット」なヤマシタでしたが。思い立ったら吉日の丑三つ時、巣に向かってゴキジェット30秒間噴射し続けた後、猛ダッシュで逃走しました、はい。で、数日後に巣を見学してみたら、息絶えたキイロスズメバチが何匹も落下してるんですけど、よぉぉぉぉぉく見てみたら「脚がプルプル動いてね?」といった経緯でして。アイツ等怖いわ。

ちょ、、ハッチ寝不足じゃね?

140920

やっと週末、遊び倒される前に事前準備の息抜き「またたび」でもどうですか。

【今夜の独りズモウ】セイカツ舎ではネコズスタッフのストレス度合いで「またたび」の登場となるのですが、そもそも「スタッフのストレス度見極め」は「PC前に陣取って邪魔し過ぎ度」が目安になってまして。管理人がPC前に座る前から陣取っていると、もう限界、すかさず「またたび登場」という図式。またたびでテンションマックスになってから少々遊ぶだけで夜ぐっすり就寝できます<管理人が。

これは「ささみ味」で、セイカツ舎イチバン人気。

こちらはスタンダードなタイプですが、食いつき良し。

140803

休日の真昼間。

ヌケ作妹は部活で留守、管理人も朝から温泉に出掛けていて、昼過ぎに帰ってみれば留守番役のスタッフ面々はこの通り「本業の昼寝をこなしつつも留守番も遣り遂げてました」な寝倒しぶりなのですが。

声掛けてもチラっと横目で確認するだけですからね、寝てるから静かにしてろよな空気だし。

たまに長湯して夕方に帰ると、「飯まだか?」って、ちゃっかり起きててお出迎えなところがこれまた猫らしくって良いんですけどね。

居ないんだなぁ、と実感

140630

小雪、居ないんだ、と。

布団に入って、ふと思い出す毎日です。

 

毎晩ネット徘徊してTwitterでチョロチョロしてたりしてるんですが、いざブログネタ更新しようかなとネコズ写真のファイルを開くと小雪の画像ばっかり見てて、んで、そのまま一日が終わる、という感じで。

もうそろそろしたら復活してくると思いますので、そのときは、どうか、またヨロシクのほど。

140513a

小雪へのコメント、メールありがとうございました。お返事できないまま済ましてしまって申し訳ないです。

今日は小雪の四十九日にあたるようで。明日は管理人実母、婆ぁばの一周忌。

140513b

結構月日は過ぎていってるんだけど、まぁ、なんだか、いつまで経っても静かなセイカツ舎のまま。

小雪が居ない、ってだけで、あとは変わりなくテレビ見てみたりネット徘徊したり、っつうか、とにかく静かで。色々やってみたりして気を紛らわせてるんですけど、淡々と毎日を過ごしていってるだけのような気もします。

140513c

唯一、セイカツ舎が沸くのはフィギュアスケートネタぐらいで。

140513d

スケートの録画見終わって、さて寝るかなってときに布団に小雪が来なくて、あぁ小雪居ないんだよなぁ、とか思いますが。

140513e

来年ぐらいには、めっきり命日も忘れて、スケートショウ観に行ってるくらいになってるセイカツ舎でありたい。

140513f

小雪、東京砂漠に行ったヌケ作兄を頼むぜ。

140326koyuki1

数日前に、小雪が永眠しました。

先週の今頃、まさか1週間のうちに小雪と永遠の別れになるなんて思ってもいなくて。

仕事に学校にネコズと遊んだりといつもと変わらぬ日常をおくる中、就職するヌケ作兄を遠方へと送り出した翌日のことでした。大好きなヌケ作兄を追いかけるつもりだったのか、それとも自分の役目が終わったとでも思ったのか。わずか数日でセイカツ舎は一変してしまいました。

 

ふと見ると、炊飯器の上にいつも居座っている小雪の姿がない。

足元の箱にも居ない。

朝のご飯ちょうだいの大騒ぎもない。

 

いつもより、とても静かなセイカツ舎の毎日がすぎていきます。

3歳、そして3年

140311

日和、3歳。

震災があった日から1ヶ月後、生後1ヶ月で拾われて、3月11日を誕生日としました。日和がこの世に誕生した日でもあるけれど、知人達がこの世を去った日でもあり、「生と死」の尊重を考える一日、重い一日でもありました。

忘れてしまえばいいことと忘れてはならないこと、整理しながら前に進みましょう。

【今夜の独りズモウ】勤務先は作業中断して黙祷をしないとのことなので、叱責は承知の上で同僚数人と、屋外から微かに聞こえた黙祷を知らせる防災無線放送に合わせて祈りを捧げました。非人道的と言うつもりはないけれど、あの震災の日に右往左往したことを、遠く離れた地だからこそ忘れずに心に留め置いて欲しいと願います。