ヤマシタ(ネコ)セイカツ舎

7匹のネコズとのユルい日常

Posts in the category

明日から出勤、です

起きようとしたら腕枕で寝始める虎太郎、いや可愛すぎでしょ。

さて、ヤマシタ、小線源治療の内部照射RALSの3回目が月曜に完了し放射線治療は終了、今日の婦人科再診で多分出社OKが出るので明日から晴れて社会復帰でございます。

正直、副作用の更年期障害とか面倒な症状は多々出ているのですが、家に居ること事態がストレスなヲバちゃんなので出社しちゃった方が気が紛れて良いと思うのです。

キッチリ片付けして晩御飯もガッツリ作るとか、やっとオサラバだ。

皆様、先日はTwitterでの「おにぎり喰うなう」なくだらんつぶやきにもフォローをしてくださってありがとうございます。関東遠征は無事終了しましたヤマシタです、どーもー。

木曜の朝、のんびりと家を出て最寄り駅からデカイ駅へ移動し、途中カフェして手土産買って、新幹線は数本見送り余裕かましての出発だったのですが、新横浜に到着したのが11:45。

早ぇな、をい。

関東遠征初日のミッション「シャトルバスで銭湯に行く」と「ヌケ作妹の住まう街に移動し敷布団マットと枕カバーを買うこと」は意外と早々に達成し、仕事を終えたヌケ作妹と合流する22:00まで都会の片隅で途方に暮れてるのもシャクなので、ひたすらファッションビルと飲み屋街の往復してますたよヤマシタ。

予定変更、東京駅まで行って「大都会で迷ってこい」なミッションを自らに与えるべきでした、はい。

翌日のミッション「横浜中華街で美味しいモノを食って媽祖廟と関帝廟を拝観」と「赤レンガ倉庫を見たい」も無事終了、と言うか、中華街ではデカイ肉まんをヌケ作妹とシェアして満腹になりフカヒレのコース料理は敢え無く断念、赤レンガ倉庫はイマイチな次第。カップヌードルミュージアムにも立ち寄りましたが、収穫ナシって感想で。

予定外に飛び込みで入館した「氷川丸」がいちばん面白かったかもしれない、余は満足じゃ。

元町から、あっちへこっちへ蛇行して、かすかに見える観覧車の向こうまで丸一日歩いた歩いた、楽しかったわ、うん。

関東には全く興味の無いヤマシタでしたが、適当に計画立てて、最低限の予備知識でブラブラってのは久しぶりだったので予想以上に楽しめました。行き当たりばったりバンザイです。

よし、今度は東京駅へ迷いに行こう。

準備は整った、ぜ

茶々:「うーん、ヨコハマってあっち?」
寧々:「いや、こっちじゃない?歩いて?」

あっちでもこっちでも無いし、歩いては(たぶん)無理。

どーもー、放射線治療も残すところ小線源治療の内部照射RALSを最後の1回受ければ終了というところまできましたが、更年期障害が出て憂鬱な毎日、結局ここの更新も出来ないままで。

そんなヤマシタ、先日思い切って、関東まで行く切符を買いまして。

ヌケ作妹がカメラマン修行をしている地に赴き、貴重な休日を犠牲にしてもらいヨコハマ辺りまで同行して貰おうという計画を立て、体調が悪かろうがなんだろうが、切符を買ってしまえば行かざるを得んだろうという強行手段に出たわけですが。

ヨコハマー、タソガレー。って、関東の路線は多すぎて、Googleマップで調べていてもチンプンカンプン。きっと今日の昼過ぎには新横浜辺りで現実問題タソガレているでしょう。

ネコズのトイレ掃除を終えて、さあ出発です。

やった、皆勤賞

雷蔵:「オカン浮かれてるね、どした?」
終わった終わった、終わったんだよ。
最寄りの病院で受けるホストクラブ外部照射は今日で終了、皆勤賞ヤマシタです、どーもー。

外部照射を受けた日はゲロゲロピーピーなのでツライけど、それも今日で終わりと思えば、ね。

残すはゲロゲロピーにならない腔内照射を2回受けるのみ。
なのですが、残してあった卵巣が外部照射を受けたことで機能を無くしてしまい更年期障害の副作用が出てきていて。今後これが酷くなるのか軽減していくのかは未知数。

火照りと悪寒と倦怠感、諸々あるけれど、ご飯を美味しく食べられないのが楽しくないですね。

虎太郎:「婆ぁばもカリカリ飯を食べれば良いぢゃんね」
あ、香りキツ目だから意外とイケるかもしんないね。

【今夜の独りズモウ】
昨日、遥か遠くの大学病院での腔内照射初回を無事終了したので、残すところ後2回、これが終われば放射線治療も一旦終了となります。仕事復帰まで残すところ2週間程ですが、これから子宮頚癌を治していく方の参考になればという記事も載せていきますので、ネコズの写真と共に、どうか、しばしの間お付き合いくだされば幸いです。

みよさん、ありがとうっ

あれ?セイカツ舎ぢゃないですね?
そうなんです、ゆずひこちゃんと冥王シルバーズ・レイリーのツーショット。
そして、絶対王者テンちゃんです。ラムちゃんには目の前で猛ダッシュで逃げられケツだけ写ってた。

今日はヤマシタ、遥か遠くの病院へ腔内照射第1回目に向かったのですが。みよさんが相当距離があるにも関わらず送迎してくださったうえに、図々しくもレイリーに会いたいと言うヤマシタをご自宅に招いてくださったのです、ありがとうございますっ。

相変わらず、みよさん家のネコズは全員可愛いっ。

しかし、本当にありがたかったです、みよさんに送迎してもらって助かりました。途中、乗り換えの大きな駅で目眩するし乗り換え場所分かんないしで、立ってる親ぢゃなくて警察官つかまえて「ここに行きたいんだけど、どうやって行くのかしら?」とか聞いて案内させて困らせてましたからヤマシタオバちゃんは。

みよさん、ありがとうございました!

諦めも大切なんです、ね

カリカリケースをこじ開けようと奮闘する虎太郎兄貴。

虎太郎:「待ってろよ、もう少しだから」
寧々:「こた兄ちゃん、がんば」

や、心意気は褒めてやるが、ね。妹達の手前、頑張りたかったんでしょうが。

寧々:「・・・こた兄ちゃ・・・」
茶々:「・・・(最初から期待してませんでした)」

歯が折れて食べられなくなったら本末転倒、諦めて正解。

【今夜の独りズモウ】
放射線宿酔は投薬で少し楽になってきました。

照射前室で知り合った方々は皆しんどいんだろうけれど、明るく接していらっしゃいます。「2年経ったら再発なんだよね、また」「私もー」「診察で会わなくなった人は寛解か亡くなってるか二択?だし」「だよねー」って、諦め切ったというのか悟り開いちゃってるのか分かんないような状態で。帰宅したら落ち込んでるのかもしれないのですが。

落ち込んで治療で体調崩して、もう限界だなぁとか思っていると更に億劫になるので、ここは治療室の皆さんと同じように軽く諦めたくらいの心持の方が楽なのかも。