手作りマスク。その⑨

老眼鏡が無いと針に糸が通せなくなりましたヤマシタです、どーもー。

実はですね、ヤマシタセイカツ舎では初のマスクのオーダーを承りまして。
お買い上げいただいた「みっちゃん」さんが快く承諾してくださったので、今回の「お任せオーダー」の裏側をご紹介させていただこうかと。

みっちゃんさん太っ腹なので「立体型マスク3枚。あとはお任せで」という生地も形もマジでヤマシタ一任で承りまして。まずは「西村大臣型・改良版」・「シェル型・立体版①」・「シェル型・立体版②」に絞ることに。

ええ、3枚は早々に仕上がったのです。が、刺繍入りマスクをオマケに付けたいと目論んでいたヤマシタ、縫い目の事情で「西村大臣型・改良版」にしか出来ない事に気が付くこと遅し。形が被らないよう完成済み1枚は「シェル型」に変更させていただくことにして早々にミシン掛けも完了、「西村大臣型・改良版」に刺繍開始。

いや、しかし、ここからが長い戦いでございました。

刺繍ド素人なので、へなちょこなシロツメクサが出来上がってしまい刺し直し。

ちょ、ちょっとふっくらしてシロツメクサに見える、うん見えるよね。

ここで止めておけばいいものを、「4枚は良くない、4はダメ」とか言い出すヤマシタ、とっておきのコーデュロイ生地に刺繍を刺し始めまして。

片方の花が寂しすぎるから、蕾も足しましょうルンルンルン。していられたのは、ここまででした。

後はミシン掛けだけという段階でヌケ作妹から「いや、虫に見えるよ、それ」という言葉で我に返りましたヤマシタ、フツーの刺繍で刺し直すことにした次第。

ごちゃごちゃし過ぎず、アースカラーでいってみました。

でも、葉っぱは半分ずつ色変えてます。

で、で、出来たー、仕上がったー。(光源の関係で色が違いますが、下の方が現物に近いです)

コーデュロイは複雑な形だと目地が合わないので「シェル型」で作らせていただきました。

 

ここからは、本来のオーダーに基づいて作らせていただいたマスクです。
「シェル型・立体版①」表地チェックで裏地はダブルガーゼ。

「シェル型・立体版②」表地・裏地、共にダブルガーゼ。

「シェル型」こちらも、表地・裏地、共にダブルガーゼです。

そして、オマケの「シェル型・立体版①」表地綿100%の抗菌生地、裏地ダブルガーゼ。

みっちゃん、お買い上げありがとうございました!

【今夜の独りズモウ】いや、自分の作ったマスクが売れるなんて思ってませんでした。きっとヤフオクとかで出品したら低価格で落札されるか入札ナシとか、怖くて出せないんですけどね。半分知っている人、というのかな?ネットでお知り合いになって、やり取りして、こんなのが好みかしらとか思いながら作る、こういうオーダー形式の方がヤマシタの性根に合ってるのかもしれません。

 

「手作りマスク。その⑨」への2件のフィードバック

  1. いやはや、作ってくださった過程まで見れてなおさら嬉しいです!ありがとうございますっ!!皆さん!写真の百倍可愛いし、丁寧に作られてる上に息苦しくない!オススメですよーっ

    1. いっぱい載せちゃいました、すみません。ちなみに、ふっくらしていないシロツメクサのマスクはヤマシタが使います、お揃いで更にすみません。
      マスク制作の機会を与えてくださって感謝してます。家族と自分の分では数に限界があるので、目的があって作るって有難いです。お買い上げありがとうございました!

コメントを残す