3年間の開店休業を経て

セイカツ舎の今現在は、こんな感じです。

部屋が汚いのは相変わらずなので、さて置き。

小雪と碧、龍之介が逝き、新たに、虎太郎、茉莉花、寧々と茶々がスタッフとして加わりました。が、茉莉花は入舎して数ヶ月で人生を終え、菫と福助、雷蔵、日和、虎太郎、寧々と茶々が何事もない毎日を過ごしている、これが今現在のセイカツ舎です。

こんな様変わりがあったのをお知らせ出来ないままで、スミマセン。

多分、管理人の心持ちとしては、小雪ロスが大きくて。あの辺りからブログの更新や諸々の整理整頓が出来なくなっていたと思います。写真を撮るニンゲンとして、ネコズを愛するニンゲンとして、生きてる端から最期の場まで、記憶を余り残さず記録していこうとしていましたが、そのノンフィクションやドキュメントの意義が分からなくなってきていました。

そんな状態のまま、茉莉花を亡くした後、毎日欠かさず撮って撮りすぎて整理が出来ないほどの写真が残っているのに、でも、まだ全然撮れてなかった、と思ったのです。いつもの日常を送っていけると思って平和ボケしてて、何も記憶も記録もしてないじゃないか、と。

もう、撮るのやめよう。

毎日撮ったら、それこそ後が無いみたいだ、ダメだ写真撮って記録残すの、やめよう。何も無い平和な日常が続くんだったら毎日が同じ、わざわざ撮って残す必要なんて無いんだ。そう思うようになって撮らない日々が続いたのですが、あるとき虎太郎が可愛くてバカ撮りしている自分に気付き。

って、ああ、そうか。そう、撮りたければ撮ればいい。

あんな格好してて可愛い、こんなブサイク見たことない、ああ毎日可愛いと思って撮っても同じアングルからの同じポーズ。だけど載せちゃおう見てもらっちゃおう、それでいいじゃないか、だってユルい日常がウリのセイカツ舎メンバーだもの。

えー、大変長くなりましたが、やっと再開出来そうです。

しかし、ほんと散らかり過ぎ。