手作りマスク。その④

手作りマスク。その③から続く、ですヤマシタです、どーもー。

綿レースから派手色ダブルガーゼをチラ見せしたい目論見で作りました「シェル型」マスク。これ、ミシンかけるときに、綿レースのカットワーク刺繍が針板の穴に「ズボっ」と入っちゃうことがありまして。いや、怖いのなんのって。

 

ってことで、本来なら隠して使うであろう生地の端部分を頬からゴム通し部分に充てて作ってみました。

これだと「ズボっ」な恐怖は中央部分のミシンかけだけで済んで、リスク少な目。

お次は「西村大臣型・改良版」で、鼻の部分は「西村大臣型」のままですが、アゴの方は折り返しをやめて「シェル型」のように斜めにカット。

横のサイズは良かったのですが、縦サイズが少し短かったようで。アゴにピッタリフィットとはならず、クチの辺りに尖がりがくるので不格好な感じは否めない。のですが、息苦しさが無いのと、リップが着かないのがメリットでしょうか。
表生地は「クラフトハートトーカイ」さんで買ったフェリシモ猫部コラボのハギレ。シーチングとオックスの中間の厚みで縫いやすかったです。裏地はイオン系列のスーパーで買ったダブルガーゼの薄ピンク。

そして、この頃、ネットで手作りマスク情報を読み漁る毎日だったのですが。

100円均一でも材料が手に入るということを今更知って、週末買いに走りましたヤマシタ。「セリア」と「ダイソー」「キャン★ドゥ」を廻りましたが、生地に限定するなら「セリア」がいちばん使えるブツがあった記憶あり。

40センチ・35センチカットのハギレだった都合上、柄が横向き。裏地はイオン系列のスーパーで買ったダブルガーゼを使用し「シェル型」マスク2枚出来ました。

自分用のマスク制作記録ですが、どなたかの暇つぶしor失敗しないためのお役に立てれば幸い。その⑤へ続く。

【今夜の独りズモウ】7月頃、100円均一で生地と「消せるチャコペン」を買いました。その後、手芸用品店でチャコペンの値段を見たら「280円」。再度100円均一でチャコペンを買い足そうと出向いたのですが、既に在庫切れ。あれから数カ月、未だ在庫があるところに遭遇していません。生地は、そこそこ入荷しています。

コメントを残す