タグ ‘ SONY_DSC-F707

蔵出し。雷蔵さん編

130421a.JPG

うげ、マジ?
小雪まで、マジで?

130421b.JPG

今だったら絶対有り得ない光景っすね。
蔵出ししてると、セイカツ舎の変貌ぶりに驚きます、はい。

蔵出し。福助さん編

130414a.JPG

現在のマンマドラえもん風貌からは想像できない、浮き耳気味でトンガリ顔のオヤジ幼少時。
この頃は、天敵の碧さんにも可愛がられてたのか。

130414b.JPG

や、この画像見つけた管理人もびっくり。

蔵出し。菫さん編

130408a.JPG

恋の季節になった菫をケージに隔離して出掛け、帰宅したらフツーに居間で寝てた。
そう、フツーに恋仲の雷蔵と寝てた。

その夜、謎は解けたのですが。

130408b.JPG

こうやって。
すり抜けるんですね、隙間を。

130408bc.JPG

愕然とした数年前、あのときの衝撃蔵出し。

蔵出し。小雪さん編

130404a.JPG

こうだったのが
こうなる。

130404b.JPG

上から目線な性格は幼少時、すでに出来上がっていた。

セイカツ舎のお家事情。その⑧

120909a.JPG

セイカツ舎、誰が誰とチョメチョメなのか、第8弾は、碧と小雪。

昼間は、それぞれ気に入りの場所で過ごすことが多い2匹ですが、深夜は必ず同じ場所で合流、まずは毛繕いから始まり必ずプチケンカ勃発、その後は何もなかったように一緒に寝るのが日常の作法のようになっているようで。

120909b.JPG

120909c.JPG元々野良猫集合体で過ごしていた碧にとって、セイカツ舎に拾われてからのお独りサマでの数ヶ月はイマイチ楽しい日々ではなかったのでしょう、小雪が来てからは生き生きしていたような。

菫が加わっても見向きもせず小雪大事大事で離さず、小雪もマイペースに見えて、寝るときは必ず碧と一緒に過ごすべったりぶり。

まさに一心同体の2匹、お互い特別な存在なんでしょうな。

セイカツ舎のお家事情。その②

120704a.JPG独りが好きな雷蔵。

寝床とか「お一人様」で過ごしたい彼は、誰かが同衾しようとするとマジでキレるか、さっさと別の場所へと移動するゴルゴな男。

背後とられると怒るもんな。

そんな雷蔵も仔猫時代は福助に溺愛されて、どこに行くにも一緒、トイレも連れション、寝るときは必ず福助が守るように抱きかかえて母と子のように過ごし、雷蔵自身も福助には絶大の信頼を寄せていたというのに。

120704b.JPG

福助:「おぅおぅ、若造」

120704c.JPG

ぷっしゃー。

120704d.JPG

くのやろぅー。
むっきー。

120704e.JPG

と、まー、今では仲裁に入らないと危険なほどの険悪な仲になりまして。

どちら様もいい加減40過ぎの男ですから、後から入ってきた龍之介や日和の手前イチャイチャなんてしている姿は見せられないってのもあるんでしょうが。

ま、ね。
こんな情事(手術済みですが)があってから仲が悪くなったような気がしないでもない。

120704f.JPG

ゴルゴ、背後背後。

return top